夜行バスのタイプによって違う座席の数

安さを選ぶか、座り心地の良さを選ぶか・・。

遠方まで移動する時、安い料金で移動できる夜行バスって人気ですよね。 夜行バスの座席数は、夜行バスのシートタイプによって違うけど、安い夜行バスになればなるほど、詰め込みになっちゃうんでしょうね。
詰め込みってことは、隣の人との距離が近くて、前後もいっぱいいっぱいだから、リクライニングもできない状態なのかな。 そういうバスに乗ると、安いけど疲れる・・って感じなんでしょうね。

安さを選ぶか、それとも座り心地の良さを選ぶかっていう選択になっちゃうんだろうなあ。 ちょっと贅沢なシートのバスを選べば、夜行バスの座席数が少ないから、ゆったりくつろいで移動できるんでしょうね。
夜行バスって一晩ずっと座りっぱなしだし、シートのタイプによって、疲れ方ってかなり違ってくるんじゃないかな。 安くて空間に余裕のないバスだと、ぐっすり眠ることもできないし、翌朝は疲れた状態で目的地に着いちゃうんだろうなあ。
翌朝からハードなスケジュールが入っている時は、贅沢なシートのバスを選ばないと、安いバスだと途中でバテちゃうかも。
夜行バスを選ぶ時、料金だけで選ぶんじゃなくて、翌日のスケジュールのことも考慮して選ばないとね。 そうしないと結果的に後悔しちゃうこともありそうですよね。

Copyright (C) 夜行バスで行くディズニーランド All Rights Reserved